遮光カーテンについて

カーテンの中でも光を遮る機能が高いものを遮光カーテンと呼びます。その言葉通り光を遮断するために考えられたもので、明るい時間でもゆっくり眠りたい人や外への明かり漏れが気になる人が利用します。さらに最近では、ホームシアターファンの間でも愛用されています。

遮光カーテンには遮光のレベルが付けられています。遮光のレベルは1級から3級の枠で分けられています。3級は人の顔が判別できる程度で作業を行うには暗いというレベルです。2級は人の顔や表情が判別できるというレベルです。1級は完全遮光と呼ばれ、人の顔だけでなく何も見えないというレベルとなっています。

ときどき、遮光カーテンを購入したのに、真っ暗にならないという声も聞くことがあります。遮光カーテンは間に黒などの繊維を織り込むことが多く、色彩がキレイに出ないことがあります。そのためデザイン性を優先すると、どうしても遮光性が低くなってしまうということがあるのです。

遮光カーテンの遮光性をより高めたいという場合に、おすすめの方法があります。遮光カーテンの左右にリターンという折り返しをとります。折り返し部分を奥のレールにかけることで遮光性を高めることができます。また窓枠内部にレールが設置されている場合は折り返しなどは不要と考えてよいでしょう。

遮光カーテンは保温性、断熱性に優れているので省エネ対策としても最適です。例えば遮光カーテンを閉めてから冷房を入れる場合、外からの日差しをほぼ遮断できますので、通常のカーテンを使用するよりも冷房効率が上がり、温度設定を1〜2度高くすることができ、電気代も節約できますし、エコにもなりますね。

オーダーカーテンについて

オーダーカーテンとは、窓に合わせて作るオーダーメイド商品です。オーダーカーテンのメリットはサイズのフィット性が良く、またすっきりとした美しいカーテンに仕上ります。お気に入りの色やデザインなどを自分で決めて自分らしいお部屋作りができます。

仕事が忙しく時間がない方や子供さんが小さく外出できない方には、ネットでオーダーカーテンの見積もりができるサービスがあります。また、無料出張で採寸、見積までしてくれるところもあります。自分でサイズを測るのが不安な人には安心なサービスで、自宅で正確に採寸し、要望に応じたコーディネートや提案をしてくれます。お部屋にカーテンをあわせるコツとしては、色、柄だけにこだわらず、1番にテイスト、2番にスタイル、3番に色、柄の順番で選ぶことがお薦めです。スタイルや機能の使い分けで、お部屋が新鮮に生まれ変わります。

オーダーカーテンは商品の性質上、注文後の寸法変更、キャンセル、返品ができないところが多いため、注文前に注意書きなどを良く確認することが必要です。また、自分で採寸をしなければいけないネットでの見積もりは、お店のHPに掲載されている採寸図などを見ながら、間違えないように図りましょう。採寸時の注意点は、1.レールを取り付けてから測る。2.金属製の巻尺(メジャー)を使う。3.どこまで測ったかをメモする。4.幅、高さなど必要な長さをチェックする。5.フックのA・Bを確認する。キャンセルできないことを考えると、慎重に図る必要があります。

カーテンはお部屋やライフスタイルとの調和を考えると共に、安心快適に暮らすためにも必要な物です。環境問題や健康問題に取り組んだ商品も発表されており、一概にこの素材が良いとか悪いとか言えませんが、好みや使用状況、予算などを考えてカーテン生地を選びたいものです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。